行動することについて

こんばんは。

昨日は「小さなことからチャレンジしよう」ということで色々書いてみました。

その際、行動することについても自分の感想を書きましたが、今日は再度行動することの重要性を考えてみたいと思います。

最近は数年前のスピリチュアルブームの影響で、イメージさえすれば行動することもなく願望が叶えられるなどと思っている人が本当に多いようですね。

しかし、そんな魔法のようなことはあり得ないことですよね。

この世の現実は、「行動なくして結果なし」。

これだ真実です。

行動もせず望みが叶うなど魔法使いでもない限り、あり得ない話でしょう。

しかし、世に出回る成功哲学などでもイメージの効果を謡っているものは本当に多いように感じます。

そして、そういったイメージを優先させる願望成就の方法があまりにも多いので、イメージさえすれば、望み通りの現実が手に入ると錯覚している人が多いのではないのかなと個人的には感じています。

確かにイメージの力は絶大です。スポーツの世界でもイメージトレーニングは盛んに取り入れられているほどなので、効果のほどは実証済でしょう。

しかし、スポーツについのイメージトレーニングについては、サッカーならサッカー、野球なら野球を実際に実践している人達が行っているのですから、そういった実践者が行うにあたってはある程度の効果が発揮されるのは当然のことと言えるでしょう。

しかし、何の行動実績もないことに対してイメージトレーニングを行っても、その結果は期待できないのは言うまでもないことでしょう。

きっと、みんなそんなことはわかってはいるのでしょうけど、なんとか楽をするために、イメージだけは一生懸命に頑張って思い描くのでしょうね。

しかし、先ほど申し上げた通り、行動実績のない事に対して必死でイメージトレーニングしてもそれは徒労に終わるというのが事実ではないでしょうか。

それよりも、もっと大事なこと・・・。

それは、イメージする前に実際に対象となることに対して行動してみるということです。

そうすれば、イメージトレーニングもいくらかは有効になるはずです。

行動してみれば、その対象となることに対してもイメージはぐっとやりやすくなるのは間違いがないでしょう。

なのにそれすら実行しない人が多いように見受けるんですよね。

私自身もこのブログを書くまでは本当にお尻が重い人間でした。

けど、久々に思うことに対して実際に行動を起こしてみるとほんの些細なことでもそこから学んだことは結構なものだという実感がありました。

ということで、ささやかながらでも今回の記事がお役に立てれば幸いに思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です