リオ・オリンピック

こんばんは。今日も訪問ありがとうございます。

オリンピックも終了しましたね。色々と大変な闘いも多かったですが、なかなか日本は健闘しましたよね。

マラソン応援してたんだけど、こればっかりは日本勢が惨敗という悲しい結果に終わって残念です。

応援していただけにほんと悔しいです!

体操も今一つ伸びなかったようだし・・・、

柔道はそこそこだったのかな?

卓球もいきなり波乱含みでしたしね。

けど、なんだかんだ言って、過去最高のメダル獲得になりましたね。すべての試合を見てないので、それぞれの活躍ぶりの詳細までは知らないですが・・・。

しかし、この時期は毎回生活リズムが狂いますね。

オリンピック中継は一度見始めると病みつきになってしまうので、時間を忘れて見入ってしまいますね。

お陰で毎日眠たい目をこする日々が続きます。

職場の同僚も同じようで、みんな夜遅くまで放送をみているようです。

きっと、あなたやあなたの職場の同僚も同じだったでしょうね。

しかし、スポーツは本当に感動しますね。筋書きのないドラマだからなんでしょうが、勝ったほうにも負けたほうにも惜しみなく拍手を捧げたくなりますね。

試合が終わった瞬間、ここまでたどり着くまでの努力や苦労がフラッシュバックされてしまい、感動しきりです。

しかし、勝つほうがいる一方で負ける側がいるというのも事実で、それを考えるとやはり勝負の世界は非情ですね。

負けたほうはやっぱり悔しいでしょうし、努力が報われない思いもするでしょう。

けど、またそこから得る物も大きなものがあるはずです。

負けたことから得たことを今後の自分の糧にできる人は更に大きな力をつけることにもなるのでしょう。

と書いてしまえば、簡単ですが、実際負けた人二はそんな言葉をかけても慰みにはならないのでしょうね。

人間打たれ弱い人が多いというのが事実のような気がします。

悔しさをバネにできる人はどのくらいの割合で存在するんでしょうか。

たった一度の敗北で見る影もなくなった人は相当数に上るでしょう。

打たれ強い人は、敗北から掴むものも多大なものになるでしょうが、打たれ弱い人はその後はいかに・・・。

メンタルって本当に大事ですね。

インタビューのシーンを見ると、オリンピックは、感動を覚えつつも敗者の成れの果てもまざまざと見せつけられるシーンが多々あるように感じてしまいますね。

選手の皆さんは本当にお疲れ様でした。そして、感動をありがとうございました。

次の4年後にも期待!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です