Monthly Archives: 9月 2016

セルフコントロールを極める

セルフコントロールを極める

今日はセルフコントロールの能力に更に磨き
をかける方法について紹介します。

まず、最初にお伝えしたいのは、セルフコン
トロールには大きく分けて8つの力があると
いわれていることです。

それを一つずつ見ていきましょう。

1.決断力
  素早く判断して意思決定する力

2.忍耐力
  怒り、苦しみ、辛さに耐える力

3.曖昧力
  あやふやな状況を許容する力

4.規律力
  秩序やルールに則って事を進める力

5.瞬発力
  短期間に集中してパワーを発揮する力

6.持続力
  一つの事を中断せず継続する力

7.冒険力
  難易度の高いことにも恐れず挑戦する力

8.慎重力
  冷静に落ち着いて行動する力

これらは誰の中にもある力で、1~8までは、
上から1と2、3と4、5と6、7と8とが
それぞれペアになっていて対極の関係にある
と言われています。

そして、これを注意深く見ていくと自分のウ
イークポイントがよくわかるので、弱い部分
に注意を払うことで自分の能力が格段に向上
されていくことになるのです。

例えば1と2を見比べてそれぞれの能力を自
分にあてはめれば、どちらの力が勝っている
かが良く分かることと思います。

そうやって、1~8までを分析していけば、
今まで気づかなった自分のことが客観的に見
えてくるということです。

そして、分析できた事柄を前回お伝えしたテ
クニックなどを使って自己改善し、自分自身
を更なる高みに引き上げていくのです。

このような分析を自分自身で行っている人は
そんなに多くはいないだろうと思うので、こ
の方法は本当に自己改革、自己啓発には持っ
てこいのテクニックだと思います。

これを実際に実行するだけでも相当なセルフ
コントロールになりますが、このテクニック
に加えて、次に掲げることを知っておけば、
あなたの自己改革は更に飛躍を遂げることに
なるでしょう。

では、それは一体何なのか?

それは、「物事には変えられることと変えら
れないことがある」ということです。

最も簡単な例を紹介してみましょう。
あなたは、完璧ではなくても自分自身のこと
なら意識的に殆どのことはコントロールがで
きるはずです。

しかし、他人はどうでしょうか。他人をあな
たの意のままに操ることなどはとても出来は
しませんね。

それと同じで、あらかじめ決められたことや
社会のルールなどもあなたの思いのままには
なりません。

ということは、変えられるのはあなた自身と
いうことになります。

つまり、変えられるのはあなたの思考と行動
ということになるのです。

ですから、上にあげた1~8の中で自分のウ
イークポイントになっている部分を思考と行
動の観点から変えていくように心がければい
いのです。

これを意識するのとしないのとでは、長い年
月の間に自己レベルに相当の差がつきます。

ですから、まずは自分を見つめることから始
めて少しづつ意識して思考と行動を変える訓
練をしていきましょう。

なんでもそうですが、習慣にしてしまえばわ
けなくこなせるようになるのです。

以上のことを当たり前のように実行できるよ
卯になった時、あなたは自分の望む現実を手
にしているのではないでしょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうご
ざいます。

セルフコントロールのコツ

セルフコントロールのコツ

今日はセルフコントロールのコツを紹介します。
ここに書いたことに注意を向けるようにすれば、
比較的に楽にセルフコントロールをマスターで
きるようになるはずですので、しっかり読んで
実践してくださいね。

●セルフコントロールとは

セルフコントロールとは自分の意思で、「感情」
「欲望」などを自己制御することです。

例えば、怒りやイラついた湧き上がる感情を抑
制したり、集中を妨げる雑念を取り払ってなす
べきことに集中するなど、自己の意思によって
感情を思いのままに操作し、自分の思考どおり
に行動する術を言います。

ですから、セルフコントロールの技術をマスタ
ーするということは、心に筋肉をつけるという
ことに例えることもできます。

すなわち、外側からは見えないが並外れた精神
力を有すると共に不屈の精神の持ち主になると
いうことでもあるのです。

●セルフコントロールを身につける方法

・何事も小さな事から始める事を知る
どんな大きな目標も、小さな成功の積み重ねが
集約して大きな成果になっているということを
わきまえておきましょう。

そのために自分の目標とすべきことに対して小
さな事から始める事を即座に実行しましょう。

例えば、ダイエットを目標にしている人は毎日
5分だけ軽い運動を実行する、また、酒量の多
い人は週に何回かは飲まない日を作るなど、今
すぐできる小さな事から始めてみるのです。

・思考を変える
衝動買いや甘い話など人は誘惑に負けてしまっ
て正常に判断を下せないことが人生にはつきま
といますが、そんな時は思考を完全に違うもの
にする必要があります。

そのためには、その場を離れたり、意図的に思
考を停止させるためにも外へ出て軽い運動をす
るなどします。

そうすることで頭を冷やし冷静な判断ができる
ように自分を導くのです。

・事前にルールを作っておく
例えば、自分が行おうとしていることに対して
計画通りに実行できなかった場合、その不足に
対してのルールをあらかじめ作っておくのです。

この事前のルール作りが自己制御には大きな効
果を発揮します。

何故なら、ルールがあるのとないのとでは物事
に取り組む気持ちや姿勢がまるで違ったものに
なるからです。

心構えの違いは、即セルフコントロールに直結
していることを知っておきましょう。

・完璧主義にならない
過度な自制はかえって失敗を招く要因となりま
す。また、自制をしすぎるとそれ自体が大きな
ストレスとなり逆効果になってしまいます。

ですので、最初に掲げたように「小さなことを
コツコツ積み重ねる」ということがセルフコン
トロールには不可欠であるということを心掛け
過度な自制は控えるように目標設定をするよう
にしましょう。

・良い未来を心に描く
決してネガティブな感情は抱かず、何事うまく
いくことを念頭に目標に取り組みましょう。

常に良い結果、良いゴールを思い浮かべられる
よう習慣づければ、それだけでセルフコントロ
ールもうまくいくようになっていきます。

ポジティブな思考は何事においても良い結果を
もたらすのです。

以上が簡単なセルフコントロールの方法です。

ぜひ、参考にしてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうござ
います。

セルフコントロールについて

セルフコントロール

今回はセルフコントロールを取り上げたいと
思います。

セルフコントロールとは呼んで字のごとく、
自分自身を自分自身の手で制御することです。

そして、これが自由自在にできるようになれ
ば、人生も望む通りに自分を方向付けること
が可能となります。

つまり、理想の自分に自分自身を導くことが
可能になるということです。

誰もが一度くらいはセルフコントロールにつ
いてを考えたことがあるのではないでしょう
か。

実際、セルフコントロールに取り組んだ人も
多いかと思いますが、これもやはり瞑想や気
功と同じでなかなかマスターするのが難しい
ものの一つであると思います。

なぜなら、瞑想でも気功でも、そしてセルフ
コントロールでも思いのままにマスターでき
ればこの世に苦しむ人など存在しなくなるか
らです。

そして、これらに共通していることは、必ず
その道のプロがいて、それなりの教室や道場
などが存在しているということです。

これだけで、こういった自己啓発を行うこと
がいかに難しいことであるかがわかりますが、
セルフコントロールも瞑想や気功と同じで継
続するということがマスターへの一番の近道
となります。

そして、それが可能となった時、大志を抱く
人であれば、自分の夢の実現にも大きく近づ
くことが可能になると言えるでしょう。

そこで、今回のセルフコントロールですが、
こちらも身に付ければ人生にとってマイナス
な要素を思うままに排除ができるという大き
なメリットを有する能力なのですが、では、
正反対にセルフコントロールを行えない人、
或いはセルフコントロールの能力が低い人に
現れる弊害にはどういったものがあるのかを
次に上げてみたいと思います。

セルフコントロール能力に欠ける人の特徴

・衝動的に行動する習性があり、性格も危険
で粗野である。

・鈍感で何事においても脆弱

・感情や思考を言語的に処理できず、近視眼
的に行動する

などが挙げられます。

こう書いてみると、人としてかなり致命的な
要素を含んでいるようですが、これらの要素
は人間である以上は、誰もが有するものです。

しかし、程度には個人差があるので、マイナ
ス部分が助長されると非常に危険な状態にな
ることはお分かりになるでしょう。

世間を見渡せば、このセルフコントロールが
上手に行えないばかりに間違った方向に歩ん
で閉まっている人を沢山見て取れるはずです。

ですから、現代のストレス社会においては、
このようなセルフコントロールの手法がわざ
わざ説かれるようになっているのでしょう。

ですので、仰々しく捉える必要もありません
が、現代人の多くは少しばかりは瞑想や気功
と同じく、セルフコントロールという手法に
も目を向けてみるのもいかがなものかと思う
次第です。

ということで、次回はセルフコントロールの
具体的な手法をお伝えしようと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうご
ざいます。