犯罪現場と掃除の関係

こんにちは、今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、 犯罪現場と掃除の関係についてを取り上げてみたいと思います。

これは、とある人から聞いた話なのですが、トイレと犯罪現場に関する非常に
興味深い話です。

もろに掃除と関係している話です。

警察官や刑事の方は犯罪現場で共通して漏らす言葉というのがあるそうです。

それは、「犯行の起きる現場というのはどこも、みなそろってトイレと流し台、そして洗面台が異様に汚れている」というのです。

また、それが偶然ではないことを裏付けるように、次のようなこともみなさん揃って呟かれるのだと言います。

「今まで我々が見てきた犯罪現場で、この3つが綺麗だった所はほとんどない。」

ちょっと、「ゾッ」としてしまいますね。

これはどういうことなのでしょうか?

お金持ちでも貧乏でも関係なく、トイレの汚れている家と綺麗な家は存在しますよね。

警察の方の発言を裏返すと、これは間違いなく「トイレが綺麗な家では犯罪が起こりにくい」ということになりそうです。

これは誰しもが思いつくように、掃除をすることにより「心も綺麗」になっているからというのがその答えだと言えるのではないでしょうか。

家の汚れは心の状態を映し出す鏡という話もあります。

それが最も顕著に現れるところがトイレと言えるのかもしれません。

卵が先かニワトリが先か、ではありませんが「綺麗な心だとトイレを綺麗にでき
る」だけでなく

「トイレを綺麗にしていると心が綺麗になる」という作用もありそうです。

ここまで、紹介してきたように「心が綺麗」であれば「お金に好かれる」という事実もあります。

以上のことからも掃除と金運が密接に結びついているのは確かなことのよようです。

そして、今回取り上げたように、やはり部屋の汚い人はその汚れそのままに心も乱れていて、犯罪の被害にも巻き込まれる要素を持ち合わせてしまっているのではないでしょうか。

警察官や刑事の方々の発言は、それを見事に物語っています。

そうすると、部屋の片づけが出来ず、また、心も荒んでいるひとなどは、一層掃除を積極的に行って、部屋の汚れだけでなく、心の汚れや乱れを整える必要があると言えるのではないでしょうか。

ここまでお伝えしてきたように、掃除には精神面についても計り知れないプラス要素が内包しているのです。

ゆえに、今回紹介したようなケースにおいては、その人の心はやはり消極的かつネガティブな傾向があることは間違いのない事実だと思うのです。

ですから、そのような人こそ今回の記事を参考にして現状の精神面を打破するためにも掃除に真剣に取り組んでみて頂きたいと思う次第です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です