上手な部屋の片付け方と3つのノウハウ

こんにちは。

今日は、
「上手な部屋の片付け方と3つのノウハウ」
をお届けします。

部屋を綺麗に片付たい、上手に片づけるける
方法を知りたいと望んでいる人はかなり多い
のではないでしょうか。

モノが多くて何から手を付けて、どう片付け
ていけばいいのか分からない…。

片付けが苦手で気づいたらいつもそこら中が
散らかっている…。

片付けること自体が面倒くさい…。

部屋を片付けられない理由は、人それぞれ
です。

しかし、誰しも自分の住む部屋は綺麗にして
おきたいですよね。

では、そのとっておきのノウハウを今からご
紹介いたしましょう。

1.考え方を変える

部屋が散らかるからには必ず理由というもの
があります。

ものが多すぎてるからなのか、収納する場所
がないからなのか、それとも、出したものを
元に戻さないからなのかなど、その理由を考
えてみましょう。

そうすれば、必ず散らかってしまう理由が
判明します。

【部屋は自分の心の状態】

自分の部屋を、よく見てみましょう。

自分の部屋の状態は、現在のあなたの心を
そのまま反映しています。

ものが溢れ床に散乱していませんか?

出したものは出しっぱなしになっていま
せんか?

必要ないものをいつまでも処分せずにゴミ
と化してはいませんか?

心理状態はそのまま部屋の状態として反映さ
れます。

散らかった部屋は住む人の心にもよどみを注
ぎます。

即座に掃除と片付けを徹底して、心の中も綺
麗サッパリとさせましょう。

【使わないものは「捨てる」】

1年以上使っていないものは、今後もほぼ間
違いなく使わないものと判断できます。

ですから、躊躇せずに捨ててしまいましょう。

「もったいない」という気持ちはわかりますが、
今まで使ってこなかったわけです。

いざ、捨てるとなるともったいないと思うので
しょうが、今まで使わなかったっ物を今後も使
う機会があるのか?

そこを見極めて見切りをつける必要があります。
また、そのような思考と判断をしない限り、モ
ノを捨てることは今後も出来なくなるでしょう。

ですから、使うのかそうでないのかで残す、残
さないを判断するようにしましょう。

2.部屋の片付けには準備が必要

【空き箱を3つ用意する】

これには理由があります。

部屋を片付けるにあたって処分していくもの
を「いるもの」・「いらないもの」・「迷っ
ているもの」に分けるためです。

こうすると効率よくモノを処分することがで
きます。

今すぐ処分できないものは「迷っているもの」
の箱に入れてゆき、後で最終的にどうするのか
を決めていきましょう。

【協力者を探す】

掃除や片付けは自分一人より、誰かに手伝っ
てもらった方が絶対に効率よく終わらせるこ
とが出来ます。

また、協力者がいると処分に困るものでも
相談することもできるので、そういった面
でも能率が上がるのです。

また、一人だとついついサボってしまい途中
で中断することも多々あるでしょうが、付き
人がいるとそういった恐れもなくなります。

ですので、なんでも相談できる信頼のおける
人に手伝ってもらうことをお勧めします。

【計画を立てて実行する】

片付けにおいて計画は非常に大事です。

まずは「いつ、どこから、何をどう片づけ
ていくのか」、ということを具体的に計画
しておきましょう。

これをしっかりしておけば、途中挫折がな
くなります。

計画をしっかり立てておけば迷うというこ
とがなくなります。また、作業も順序よく
こなせるので、常にゴールを意識しながら
片付けが実行できます。

ですので、計画は綿密に立てるようにしま
しょう。

3.部屋を片付ける手順

【床の上から片づける】

まずは、床に散らかっているものを片づけて
いきましょう。

床に散乱しているものを片づけるだけで部屋
がみるみる綺麗になっていくのが実感できる
はずです。

次はゴミ次々にゴミ袋に捨てていきましょう。
その際も、「いるもの」・「いらないもの」・
「迷っているもの」を分別していきましょう。

ここまで出来れば相当部屋も綺麗になってき
ているはずですので、そのままモチベーショ
ンをキープして一気に片づけに入れるはずで
す。

あとは、同じ要領でタンスやクローゼット、
棚、小物入れなどを片づけていきます。

ここからは、細かなものになるので、更に
根気が必要になります。

しかし、ここまで片付けをこなしてきた人
は、綺麗になることに喜びを感じて、もう
片づけずにはいられなくなっているはずで
すので、そのままの気持ちで先ほども書い
たように一気に片付けを終えるようにしま
しょう。

また、もしここで止まってしまったとして
もここまで片付けが出来ていれば残りにつ
いても片付けを苦痛に思うこともなくなる
でしょう。

その場合は、後日に残りの片づけを終える
ようにしましょう。

片付けも上手く計画を練って実行すれば、
思っている以上に簡単に行えるものなので
す。

ぜひ、参考にしてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとう
ございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です