瞑想について

今日は瞑想についてを紹介してみたいと思います。

あなたは瞑想をしたことがあるでしょうか?
本格的とは言わなくても、誰しも瞑想の真似事の
ようなことはしたことがあるでしょう。

また、たとえ瞑想はしたことがなくても、誰しも、
黙想や瞑目はしたことがあるはずです。

これはどんな人でも休息することがあるので、そ
の時のことを思い返してみれば納得のいくことだ
と言えるでしょう。

休んでいる時というのは、静かに目を閉じ何も考
えてはいませんよね。

そこで、瞑想ですが実践したことのある人ならわ
かると思いますが、瞑想は以上のように瞑目や黙
想などとは違って、自分自身を能動的に無の状態
にするわけです。

しかし、これはかなり難しいことで、この状態を
続けられないため、多くの人が瞑想に挫折をして
しまっているというのが、現実だと思われます。

瞑想を始めたばかりの人や、瞑想を初めて試した
人などは、無になろうと思えば思うほど様々な雑
念がわいてきます。

そして、その雑念を振り払おうとするわけですが、
その力みがますますいらぬ雑念を呼び覚ましてし
まうのです。

そして、最初の志はどこへ行ったのか、あっさり
と瞑想することに挫折をしてしまう。

以上のような顛末を迎える人がほとんどのようで
すが、それも無理のないことだと言えるでしょう。

これはよほどの根気や、何がしかの動機がなけれ
ば続けられることではないからだと言えるのでは
ないでしょうか。

では、なぜそもそも瞑想をするのでしょう。

それはやはり心の安らぎが欲しいからというのが
多くの人が瞑想を求める理由でしょう。

人によっては、瞑想をすることで人生をより良き
ものにできるからということもあげられるかもし
れませんね。

自己啓発や成功哲学などでも瞑想については、多
くの著者が実践することをすすめています。

また、成功者の多くは瞑想を習慣にしている人が
多数いるのも事実です。

瞑想をマスターすれば、思い通りの人生を歩める
ということもそこいら中で囁かれているのも事実
ですし、瞑想をマスターするためのスクールも、
その気になればいくらでも探せるというのが昨今
の現状としてあげられます。

いずれにしろ、古来瞑想については様々な利点が
語り継がれてきていますが、それは脳生理学から
も証明されているのは確かなことのようです。

では、瞑想するということは、具体的にどのよう
メリットがあるのか?

明日は、それをご紹介したいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうござい
ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です