瞑想時の脳波

瞑想時の脳波

今回は瞑想時の脳波についてを考え見たいと
思います。

人間の脳波大きく分けると次の4つに分類さ
れます。

・ベータ波

・アルファ波

・シータ波

・デルタ波

それぞれの脳波には次の特徴があります。

・ベータ波
忙しく思考している時や、緊張状態など、
日常的な状態で、完全に目覚めている状態。

・アルファ波
物事に集中している時。面白い本を読んで
いる時や、映画などを見ている時。
また、入浴など非常にリラックスるしてい
る時。

・シータ波
寝入りばなのうつらうつらしている時。
深い瞑想状態に入っている時

・デルタ波
眠っている時など、完全な無意識状態

以上です。

さて、これをみてわかると思いますが、瞑
想時には、一般的にアルファ波が出ると言
われています。

上に書いた通り、面白い本や映画などには
人は夢中になりますが、まさにあの状態で
す。

また、このような状態のときは体も非常に
リラックスしています。

このような状態は脳の活動も冴え渡り直感
力なども平常時などは比べ物にならないく
らいに高くなっているとも言われています。

スポーツなどの世界でも一流と呼ばれる人
は皆決まって集中力が高いと言われていま
すが、この脳波の結果をみれば非常に納得
できることですよね。

そして、更に注目をしてもらいたいのは次
のシータ波です。

これは、アルファ波よりも更に集中状態が
高い状態なのですが、このレベルになると
常識では説明のつかない事が起きるように
なります。

有名なところでは、世界の偉業や発明、
発見なども、その多くはそれを見つけた
人の脳波が、このシータ波の状態であった
と言われています。

また、将棋の世界などにおいても達人レベ
ルになると、その思考中にはシータ波が発
生することが確認されています。

従って、脳波がこういったアルファ波やシ
ータ波といった集中状態にある時は、人は
無意識領域にアクセスしているといえるわ
けです。

この事実は天才と凡人の違いを端的に示す
非常に良い例だと言えるでしょう。

よって、こういった状態を作り出すことが
できるようになれば、無限の宝庫と言われ
る無意識の力を引き出せるようにもなるの
です。

瞑想が常人離れした力を発現させるという
ことが嘘ではないことがここからもお分か
りいただけたのではないでしょうか。

以上のとおり、瞑想にはやはり無限の力が
あるようですね。

瞑想をマスターすれば脳波も思いのままに
操れるようになるのではないでしょうか。

もし、そうなれば人生も大きく変わるで
しょうね。

そのためには、やはり毎日継続するという
ことが一番の重要課題ですね。

今日も最後までお読みいただきありがとう
ございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です