瞑想の最終到着点「チャクラ」の開発

瞑想の最終到着点「チャクラ」の開発

瞑想を語る時に決まって取り上げられるチャクラ。

よく「チャクラを開く」などと言いますが、この
チャクラとは一体なんなのでしょうか?

チャクラとは、サンスクリットで円、円盤、或いは
車輪、轆轤等を意味する言葉であると言います。

しかし、もっとわかりやすい言葉で説明するなら、
それは、人体に流れる「気のスポット」ということ
です。

しかるにスポットという言葉からもわかる通り複数
存在しています。

チャクラの数については、諸説色々ありますが一般
的には大きく分けて重要なものは7つということで
大方一致はしているようです。

では、それぞれのチャクラにはどのような特徴があ
るのか、それぞれのチャクラを活性化すればどのよ
うな部分が発達し、どのような効果があるのかを見
ていきましょう。

・第7チャクラ サハスラーラ 部位/百会(頭頂)

 対応器官/脳
 霊性、直観、宇宙意識
 自己超越、超能力や超感覚、宇宙や神との一体感。
 色は紫
 
・第6チャクラ アジーナ 部位/眉間の少し上

 対応器官/目、神経系、直感、感覚、知恵
 「第三の目」の発達。鋭敏な感覚や知性、精神の
 成熟。
 色は藍

・第5チャクラ ヴィシュダ 部位/喉仏の下
 対応器官/咽、甲状腺、副甲状腺、気管支
 意思、知識、創造性、自己表現、判断力。
 色は青

・第4チャクラ アナハタ 部位/両乳首の間
 対応器官/心臓、肺、循環器
 喜怒哀楽の感情、信頼、慈愛、希望。
 色は緑

・第3チャクラ マニプラ 部位/みぞおちとヘソの間
 対応器官/胃、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、消化器
 理性、個性、自我、不安、自信。
 色は黄

・第2チャクラ スヴァディシュターナ 部位/丹田(ヘソ下約10cm)
 対応器官/生殖器、膀胱 
 感受性、情緒のバランス、物欲、性。
 色はオレンジ

・第1チャクラ ムーラダーラ 部位/会陰(生殖器と肛門の間)
 対応器官/腎臓、副腎、腸、骨格
 生命力、パワー、情熱。
 色は赤

以上のとおりです。

瞑想によって、それぞれのチャクラを開発することが
可能となれば、上記で説明した部分の力が格段に発達
するため、常人離れした能力を身につけることも可能
となるようです。

人には人それぞれの特技がありますが、それはある一
面、各人それぞれのチャクラの発達の度合いが影響を
与えているというるケースも少なからずあるのでしょ
う。

その他にもチャクラが活性化すれば、

・心身のバランスがとれるため、より健康になる

・心が穏やかになるため、ストレスなども軽減される

・霊性や超感覚が研ぎ澄まされる

・ヒラメキ、想像力が豊かになり脳も活性化される

といった効果効能があります。

世の中に偉業を残した偉人や天才などは、各人それぞ
れがそれぞれのチャクラを開発していたのかもしれま
せんね。

チャクラを活性化するということは、それくらい偉大
な力を発揮できる能力を手に入れることだということ
にもなるのでしょう。

まだ瞑想を実行していない人は、以上を参考に取りく
んでみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です