チャクラの形とは?

チャクラの形について

前回はチャクラの開きすぎによる弊害をお伝えし
ましたが、今回はチャクラの形についてを紹介し
たいと思います。

ただ、やみくもに瞑想するよりもチャクラの形を
知ったうえで瞑想するほうが、実践もよりやり安
くなるとの思いからの情報です。

チャクラの大きさについては、およそ8cm程度で
あることはお伝えしました。

一方形はといいますと、綺麗な円錐形をしている
ようです。

そして、その円錐形は対になっており、それぞれ
が体の表面と背面に向かって位置されています。

イメージ的には、ちょうど体の中心を境目にして
配置されているイメージです。

ですので、円錐形の頂点を二つ結合させた状態で
それぞれの底辺が体の表面と背面に平行に位置し
ている状態になります。

そして、さらにそれぞれのチャクラはさらに小さ
な渦で構成されており、その数はチャクラ毎に違
っているそうです。

それぞれのチャクラの中の渦の数は次のとおりで
す。

第一チャクラ  4
第二チャクラ  6
第三チャクラ  10
第四チャクラ  12
第五チャクラ  16
第六チャクラ  96
第七チャクラ  972

以上のとおりとなります。

ここで驚きなのは、なんと第七チャクラに至って
はその数が972と他のチャクラに比べかけ離れた
数になっていることです。

ですので、ちょうどイメージとしてはハチの巣を
思い浮かべて頂ければ結構です。(外枠があって
それぞれの渦が収束している形です)

そして、チャクラはこれらの渦と全体の全てが前
回お伝えした通り時計周りに回転しているそうで
す。

そして、回転速度については、以前にもお伝えし
たとおり、第一チャクラから第七チャクラに向か
ってより速くなります。

チャクラの形については以上になります。

しかし、凄いですね。これが実際に見えている人
がいるんですね。

こんなものが事細かくここまで見える人は一体ど
んな力のある人なんでしょうか。

そちらのほうにただただ感心してしまいます。

しかし、これだけの情報を与えてもらえる側は本
当にありがたいばかりで、こういった情報を元に
すれば難しい瞑想も大幅にマスターしやすくなる
のでは、と思う次第です。

何でもそうですが、知ると知らぬでは、天地の差
がありますよね。

ぜひ、以上を参考に瞑想に励んでみてください。

但し、前回お伝えしたように特定のチャクラの開
きすぎには十分気をつけてくださいね。

それでは、今日も最後までお読みいただきありが
とうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です