気功を実践するコツ

気功を実践するコツ

今回は気功の具体的な実践法を紹介します。
ぜひ、しっかり読んでお役立てくださいね。

気功と言えば、武術のように厳しい修行をイメ
ージする人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはそうではなくて、瞑想と同じ
で方法さえわかれば、一人でコツコツと地道に
行うことが可能なのです。

では、その具体的な方法を以下、順を追って説
明していきましょう。

1.呼吸方法を身につける

気功の実践で欠かせないのが、この呼吸法です。
なにはともあれ、まずは呼吸の方法をマスター
しましょう。

呼吸のマスターが出来なければ、気功は決して
マスターできないので、しっかり学んでくださ
いね。

・基本的な呼吸法を知る

この呼吸法については、全て鼻で呼吸をします。

両手でお腹を少し強く押さえながら、これ以上
吸えなくなるまで息を吸います。
息を吸いきったら、5~10秒程度呼吸を止めます。

そして、お腹を押さえた手の力を緩めながら、ゆ
っくりと息を吐いていきます。

・息は全て吐き切る

気功の呼吸については、すべてを吐き切ることが
大切です。

というのも我々は普段の呼吸では決して息を吐き
切ってはいないからです。そのため、吐き切ると
いう練習が必要となります。

普段のことを考えればよく分かると思いますが、
リラックス状態の時と比べて日常の呼吸は浅く
軽いもののはずです。

ですので、これは非常に重要なことなので、決し
て疎かにしてはいけないと認識してください。

これをマスターするだけで、感情さえも今トール
できるようになるのです

・正しい姿勢で丹田を意識して呼吸をする

呼吸は胸を開き正しい姿勢で行わくなくては意味
がありません。

丸まった姿勢では気の流れはもちろん、せっかく
吸った息を全身に循環させることもできないから
です。

そして、最も注意すべきはへそ下10cmのところに
ある丹田に吸った息が集まり、そこから吐き出さ
れていくというイメージを持って呼吸を実践する
ということです。

これを繰り返し行うよう意識してください。

以上が、呼吸法になりますが、これを何度も繰り
返し気持ちが落ち着いた状態になれば、次は以前
お伝えした「気を感じる」方法を実行してみまし
ょう。

掌を20回程度強くこすり合わせて、両手を2~3cm
放してピリピリした感じやモワッとした感じを味
わうあの方法です。

これを実感する方法を繰り返し気を実感するコツ
を完全にマスターしましょう。

そして、これがマスターできたら、次は自然界から
気を感じて受け取る練習に入ります。

自然界には気が充満しています。いや、この世の全
てのものには「気」が存在しているとさえ言われて
いるのです。これはその気を受け取る方法です。

実践方法としては、緑の豊かな場所や海などで静か
に瞑想し、それぞれの場所における音や風の動きな
どをゆったりと感じ取ることです。

特に、木などがある場所では、それらに触れてみて
その木にながれる「気」を感じ見るように努めてみ
ましょう。

これらの方法は難しく考えずにイメージで行えばよ
ろしいです。自然をありのままに感じれば良いので
す。

瞑想と同じで自分を無にして、自然をそのまま感じ
ることができれば、それだけで心身の不調を整える
ことができるようになるそうです。

以上の方法を繰り返し行い、日常の生活の一部にで
きるようなれば、気功マスターにかなり近づけるも
のと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございま
す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です