Monthly Archives: 9月 2016

観察者効果

観察者効果

観察者効果という言葉を聞いたことがあるで
しょうか。

これは本当に驚きの世界を表現した言葉で、
簡単に言うと、

「この世は人間が認識するまでは存在しない」

ということなのです。

「ええっ!」と思われるでしょうが、この説
はどうやら本物のようで、オーストラリアの
量子学研究チームが実験で確認しということ
が世界中で報道されています。

もう少し細かく説明すると、
「人間によって観測されるまではこの世の現
実は存在しない」
ということらしいのですが、では、それは一
体どういうことなのか、それを紹介してみま
しょう。

そもそもこの説の発端は1970年代にまで遡る
のだそうです。

既に、この時点で「この世は、人間に観測さ
れるまで存在しない」と言われていたそうで
す。

そして、その現実が2015年6月2日のgadgets
等のWebサイトなどで大々的に報道された模様
で、それが先のオーストラリアの量子学研究
チームの発表ということです。

彼らの発表内容は次のとおりです。

・人間が測定するまでの量子の実験では、実
際には量子が実験直前まで存在していなかっ
たことが証明される

・量子は、人間に観測されるまで存在してい
ない。つまり無である。

・量子は実在しなかったが、人間に観測され
た時に初めて出現する。

・観測者=つまり、人間は神の性質を持つ存
在である。

ということらしいのです。

つまり、もっとわかりやすく言えば、物理学
でいう最小単位の量子は人間が注意を向ける
までは波動であるということで、人がその波
動に意識を向けた途端に量子になるというこ
とだそうです。

これは実際に実験で確かめられた事実だそう
で、説明が付かないが、とにかく人が波動に
意識を向けた時だけ量子が発生するというの
です。

この件に関しては、もう科学者おお手上げで、
「そうとしか言いようがない」と、半ば諦め
ている様子なのです。

そして、それが事実であることは、「人間は
神の性質を持つ存在である」という研究発表
にも現れていると言えるでしょう。

となると、この宇宙は物質よりも先に神の存
在が真っ先に挙げられることになり、神が宇
宙を創造したとしか言えなくなってきます。

すると、聖書に書かれたことは事実であると
いう結論が導かれることになりますね。

つまり、聖書に書かれた創世記=天地創造は
本当のことなのだと言えるわけです。

本当に不思議としか言えない説ですが、この
理論はもっと世間的に騒がれてもいいのでは
ないのかと思うのですが、いかがなものでし
ょうか。

これは、今までの物理学が根底からひっくり
返ってしまう事実だと思うのですが…。

もしかすると、あまりにも公にしすぎると科
学の立場が危うくなるので大きな声では叫ん
でいないのかもしれませんね。

今後もこの件については、注意深く情報収集
に努めようと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうご
ざいます。

思念波とは何か

思念波とは

日本には古来、以心伝心なる言葉がありますが、
これは、言葉を用いなくてもお互いの心が通じ
あうということで、伝えたいことを無言のうち
に相手に送り、また、送られた相手もそれをし
っかりキャッチするということです。

こう書いてみるとその働きは超能力そのものと
しか言えない現象ですが、誰もが一度や二度は
この以心伝心の現象を体験しているのではない
でしょうか。

特に家族や恋人といった自分にとって密接な相
手との間でこの現象は良く起こるようです。

しかし、実際この現象は日常において至る所で
起きているのが現実のようです。

その代表的な現象は、
「自分が嫌いな相手は、その相手も自分のこと
を嫌っている」
という、誰もが感じる現象です。

これは決して科学では説明が付かない現象なの
でしょうが、まぎれもなく現実として起きてい
ることで、どんな人もが実感している出来事で
はないでしょうか。

考えてみればこれは本当に不思議なことですが、
この現象については、実は波動の理論で説明が
付くようなのです。

その波動を思念波と呼ぶらしいのですが、では、
その思念波とはどういうものなのかというと…、

思念波とは、読んで字のごとく波動の一種であ
り、人が抱く感情や思考、またそれを言語とし
たものが電磁波として変換されたものなのだそ
うです。

そして、人間の脳にはそれらの波動を送受信す
る力に加えて、それを脳内で察知するための変
換能力があると一部では言われていると言いま
す。

以上は実際に認められた力ではありませんが、
これはまんざら単なる仮設ではなさそうで、こ
の力が事実だと考えるなら、なぜ、自分が嫌い
な人は、相手も自分のことを嫌っているのかと
いうことを説明する有力な説だと言えるのでは
ないでしょうか。

そして、昔ながらの「以心伝心」についての現
象も見事に説明が出来ます。

これまでも瞑想や気功、その他の運気UP法な
どを度々紹介してきましたが、これらはすべて
科学で説明がつかない事柄ばかりです。

そう考えてみると、現在科学が解明している脳
の働きは、まだ、ほんのわずかな領域しか分か
っていないといわれていることにも十分頷くこ
とができるでしょう。

もし、この思念波についてをもっと深く探るこ
とが出来るなら、人間の可能性は飛躍的に広が
るものと思われます。

以前流行ったサイコメトリーという現象もこの
思念波と同一の性質を持っているのかもしれま
せんね。

そして、またサイコメトリーも科学では決して
説明のつかない現象であり、そういった側面か
らは、この思念波の理論と一致しています。

この思念波の特性を発達させることが出来たな
ら、危険回避や人間関係の改善にも随分役立つ
ことでしょう。

ぜひ、事実を突き止めて頂きたいですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうござ
います。

運気を上げる呼吸法

運気を上げる呼吸法

瞑想、気功の紹介記事をこれまでに渡って紹介して
きましたが、瞑想、気功共に共通していることで特
に大事なものに呼吸があります。

呼吸は健康増進において非常に大事なもので、気持
ちを落ち着かせるためにも欠かせないものです。

日常活動している時などは、大半の方が緊張状態を
強いられているため呼吸は浅くて軽く、また、呼吸
数もリラックスしている時に比べて大幅に多くなっ
ています。

ラジオ体操にもわざわざ深呼吸がとりあげられてい
るくらいですから、普段の生活ではどれくらいこの
こきゅうというものが浅いものになっているかは、
上記のことからもよく理解いただけるでしょう。

さて、この呼吸ですが、誰もが気分をリフレッシュ
させる時にはいつもとは違う大きな呼吸をしている
ものと思いますが、実は呼吸を意識的にするだけで
運命を好転させることも可能なのです。

運命好転に思いを巡らせながら、1日に3回程度意
識的な呼吸を実行し続ければ理想を実現しやすくな
ると言われています。

では、その方法をお伝えいたしましょう。

まずポイントから、

呼吸という文字を見てください。
「呼ぶ」と「吸う」からなっていますね。

ここで疑問がおきます。
「吸う」はわかるが「呼ぶ」とは何だ?

実はここに大きな事実が隠されているのです。

呼吸の「吸」は文字通り数です。ならば、残った
「呼」は「吐く」に当たるのでは?

多くの人がそう思うことでしょう。

そして、それは正解なのです。

しかし、そこには本当は深い意味があります。

それは、実は「息を吐く」というのは、エネルギー
吐き出しているのと同じとも言えるのですが、この
時同時に新しいエネルギーを呼んでもいるのです。

そして、吸うことで新たなエネルギーを体内に取り
入れる。

よって、「呼吸」というのです。

ちょっと驚いたのではないでしょうか。

こうやって、「呼吸」という文字を見ると本当に納
得しますよね。どこにも「吐」という文字がないの
ですから。

これを知るだけでも意識的に行う呼吸に深い意味と
異議があることがわかるかと思います。

では、以上を踏まえて意識的な呼吸をする方法をお
伝えしましょう。方法は極めて簡単です。

― 運気を上げる呼吸法 ―

息はすべて口から吐いて、鼻から吸います。

1.両手、或いは片手をお腹に当てます。

2.口をすぼめてゆっくりと息を吐きだしていきます。

この時にネガティブな感情や、辛い、苦しいという思
い、また、体の中の悪いものも一緒に吐き出していく
イメージを持ちます。それと共に全身の力も抜けるイ
メージを持ちます。

3.息を吐き切ったら、お腹を緩めて、再びお腹で息を
吸い込みます。

そして、この時も楽な気持ちで自然な動きに任せなが
ら全身で新たな生命エネルギーを吸いこいくイメージ
を行います。

4.息を止める

ここがコツなのですが、これはいわゆる息を止めると
いうのとは少し違いますので注意が必要です。

お腹に吸った空気が満たされていればOKで、完全に
息が止まっている必要はないという認識で止めましょ
う。

5.2に戻って、同じ要領で息を吐きだしていきます。

以上を、10~20回程度繰り返します。

いずれも楽な気分で無理のない範囲で行いましょう。
深い呼吸を意識しすぎると、吸気、呼気とも苦しくな
るので続かなくなる恐れがあります。

回数をこなして繰り返し実行していれば、吸気、呼気
とも、自然により深くなってきますので、練習当初は
実行することを第一と考えてください。

この意識的な呼吸を毎日続ければ、リラックス状態に
楽に入っていけるようになり、脳波もアルファ波へ導
くことができるようになっていきます。

毎日数分間、ここに記した方法を実行するだけで以上
のように運気がUPしていきますので、ぜひ、お試し
ください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。