モチベーションを維持する方法

モチベーションを維持する方法

今回はモチベーションを維持する方法についてを
紹介したいと思います。

これはセルフコントロールはもちろんですが、こ
れまでに紹介した瞑想や、気功などのマスターに
ついても重要な課題です。

なぜならモチベーションさえ維持できれば、例え
時間がかかっても大抵の事なら目的を果たすこと
が可能となるからです。

いわば、モチベーションキープさえ可能なら人は
間違いなく目標に到達できるということですね。

では、一体どうすればモチベーションを持続させ
ることができるのか?その秘密に迫ってみたいと
思います。

まず、次の5つのポイントをしっかり認識しまし
ょう。

1.人生は有限であるということ

人には生まれついて裕福な人とそうでない人とが
存在します。

しかし、人間にどのような差があろうとも時間だ
けは誰に対しても平等であり公平に与えられてい
ます。

この事実をどう捉えるか、この事実の重みをどれ
ほどの思いで受け止めるかで人には大きな差が生
まれます。

そして、その差こそがモチベーションの維持とな
って現れてくるのです。

2.目標を持ち小さな成功体験を積み重ねること

目標を持たない限り人は行動的にはなれません。
つまり、目標持たずしてモチベーションの維持な
どは語れないということです。

そして、目標に対して大事なことは、いきなりと
んでもない目標を掲げるのではなく、今の自分の
力量内でやり遂げられることを目標とし、その目
標を達成したら、更に次なる目標を達成していく
という風に、小さな成功を次々に積み重ねるとい
うことです。

どんな大偉業でも以上のプロセスを経て成し遂げ
られているのです。

そして、この成功法則を心底から実感することで
す。そうすれば、否が応でもモチベーションは高
まるばかりとなるはずです。

3.物欲よりも自分の成長を生きがいとする

お金や物はもちろんですが、それ以上に自分の能
力、人的資質などの向上に重きを置き、行動する
ことを心掛けましょう。

ただ単に財産を築くのではく、こういった点にも
常に磨きをかけていれば、素晴らしい人脈や人と
の絆など物質などからは得られない喜びを味わう
事が出来るようになります。

こういった喜びは、それそのものが人生を生きる
ということに対してのモチベーションとなります。

4.自己能力を上げる

人間は誰しもが有能でありたいと望んでいます。
そして、誰もがそれを示したいとも思っていると
言われています。

これは、それぞれが、

・マスタリー目標=自己能力の増進
・パフォーマンス目標=自己顕示欲

と呼ばれる二つの欲求であり、人が持つ欲の中で
も3大欲求に次いで重要な欲求であると言われて
います。

ですから、自分のことをしっかり見つめて、自分
には何が出来るかを知ったなら、これらの欲求は
更に触発されるので、それが引き金となってモチ
ベーションもさらにUPします。

このことからもわかるとおり、才能のある人とい
うのは、自分の得意なことに早くから目覚めた人
ということを知るべきです。

5.自分の行動を振り返る

目標を持ちエネルッギシュな毎日を過ごしている
人は必ず自分の歩んでいる道を振り返っています。

それは何故なのかというと、彼らには明確な目標
があるからです。

つまりこれは、毎日、いつ、どんな時でも自分の
目標に向けての自分の行動を顧みているというこ
となのです。

人は本当に達成したい目標が出来れば、誰に教わ
らずとも、毎日の自分の行動をチェックするよう
になります。

ですから、これが出来ているという人は当然モチ
ベーションも人並み以上と言えるわけです。

あなたは、毎日自分の行動を振り返っているでし
ょうか?

以上を心掛けることが出来れば、どんな人でもモ
チベーションの維持は可能となります。

参考にしていただければ幸いです。

今日も最後までお読みいただきありがとうござい
ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です