脳波をミッドα波にする

脳波をミッドα波にする

前回は天才脳であるミッドα波についてをお伝え
しました。

通常のアルファ波よりも更に集中力が深くなった
時に発する脳波状態についての話だったわけです
が、脳波がこの状態になると天才的な能力が発揮
できるようになります。

天才や一流のアスリートと呼ばれる人々は、決ま
って異常なほどの集中力を発揮しますが、その異
常な集中状態の正体が、このミッドα波というこ
となのです。

その脳波状態を意識的に作り上げようというのが
今回のテーマなのですが、「そんなことって本当
に可能なのか?」、というとですが、これは可能
であると言えます。

では一体どうすれば、そんなことが可能になるの
か?

答えは至って簡単です。ここまで紹介してきた呼
吸法をマスターすればよいのです。

そして、その呼吸法をより深いものにできた時、
ミッドα波は自動的に現れることになります。

そのためには、まず基本的な呼吸法を是が非でも
身につける必要があります。

これさえマスターしたなら、後は呼吸法をより深
くするだけで誰でも自然に自分の脳波をミッドα
波の状態に導けます。

しかし、これが本当に難しい。

基本を身につけることさえできないために多くの
人は呼吸法でも瞑想でも挫折をしてしまうのです。

それもそのはずで、ここまで書いたように簡単に
呼吸法をマスターできるなら、世の中に無数にあ
る瞑想教室や気功教室の存在価値がなくなってし
まいます。

言うは易く行うは難し、とはまさにことのことを
いうのでしょう。

しかし、心配には及びません。あなたにやる気が
あるなら、呼吸法の基本は必ずマスターすること
が可能です。

但し、条件が2つだけありますが。

その条件とは、

1.朝晩30分程度の時間を必ず確保すること

2.半年間は何が何でも朝晩の呼吸法を実践する
  こと

この二つの条件さえ満たせば必ず基本の呼吸法は
マスターできます。

そして、基本の呼吸法さえマスターできれば、更
に深い呼吸法も、その時点でマスターしたも同然
になるのです。

では、基本の呼吸法をマスターするにはどうすれ
ばいいのか?

私なりの方法をお伝えしてみましょう。

以前にも瞑想の方法で紹介したかと思いますが、
それは「気負わない」ということです。

例えば、瞑想でも呼吸法でも「やり方」というも
のがあります。

その「やり方」にあまりにもこだわり過ぎると、
あっけなく挫折してしまうということです。

これは実際に私が実践して実感したことですが、
瞑想でも呼吸法でも共通していることは、丹田
呼吸や腹式呼吸などをあげることができますが、
それらの方法にこだわりすぎると、息苦しくなる
ばかりか、意識ばかりがやり方に集中して目指す
目標となる無になる境地に至れなくなってしまう
のです。

根性のある人は、この方法でも根気よく無我の境
地に至るまでに努力をするのでしょうが、このよう
な辛い努力を必要とする方法では100人いれば99人
までが途中ですべてを投げ出してしまうでしょう。

では、どうするか?

やり方についてのこだわりを捨てて、呼吸法ならた
だひたすら呼吸することに専念する、ということを
念頭において実践するのです。

それを3ケ月程度続ければ、読んだり見たり聞いたり
した方法がいつの間にか出来るようになるのです。

ただ、そのためには必ず正しい実践方法の知識は身
につけておかなければなりません。

正しい方法が頭の中にあるからこそ、実践が深まっ
て行く中で理解が進み、ある時を境に一気に実際の
ノウハウをマスターすることが出来るようになるの
です。

ですから、極端な言い方をすれば最初はあなた独自
の方法で良いのです。

実際に継続していれば、呼吸法でも瞑想でもだんだ
んと深い境地に入っていけるようになります。

そこから、正しい知識に基づく方法を取り入れて理
解が深まって、先人の言っている通りの境地に到達
することが出来るようになるのです。

指導者なしで実践するなら、これが一番最適な方法
であると私自身は思っています。

前々回に「呼吸と脳波の関係」をお伝えしましたが、
この方法で集中が深まれば、1分間の呼吸が4回程度
などいともたやすく実現することも可能になります。

この方法を引き合いに出すと「継続は力なり」と言い
ますが、それを本当に実感します。

とにかくひたすら実行し続けていれば、いつか必ず
ここまで紹介してきたことをマスターできるように
なるのです。

あなたに必要なのは、「朝晩30分の時間」と「やる
気」、この2つだけです。

半年後を目標に、ぜひ取り組んでみてはいかがでし
ょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうございま
す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です