集中力を高める意外な方法

集中力を高める意外な方法

前回は集中力を高める簡単な方法をお伝えしま
したが、今回はあまり知られていない意外な集
中力UP方法を紹介します。

自分のスタイルにかなっているようでしたら、
ぜひこれらの方法も採用してみてください。

●休憩を上手に取って集中力をUP

実は休憩をうまく取れば集龍注力はコントロー
ルができる物なのです。

集中力の持続時間は一般的に90分と言われてい
ますが、これはあくまでも一般の統計論で常に
一定でないという事は説明の必要もありません。

その時々や体調の良しあしなどでも集中力の持
続時間は違ってきますし、人それぞれでも当然
集中力の持続時間と言うものには差があるので
す。

考えてみればわかると思いますが、物事に没頭
している時が一番集中力が高まっている状態な
のですが、この状態を何時間もキープするのは
稀なことで、ここから一般論である90分が計測
されているわけです。

また、90分の理論と並んで多くの統計からも勉
学などは、40分が限界説としても挙げられてい
ます。

ですから、何かに取り組んでいる時に「集中力
が衰えてきたな」と感じた場合は、無理に作業
を行わないのが一番の得策なのです。

これは睡眠不足の状態を考えても明らかなよう
に集中力が衰えた状態では、作業効率は著しく
衰えるからであり、そのような状況で無理に作
業を行っても、まったく身につかない、また、
取り組む内容によっては、却って能率の低下を
迎えてしまうからです。

よって、集中力の衰えを感じたら、その時は、
その時点での集中時間が限界だと潔く認めて
即座に休憩を取るのです。

このリズムの取り方を意識的に心掛ければ、
常に集中力が最高の状態で作業に取り組めるた
め作業効率が最大に発揮されることになります。

会社や職場では、全体で学習や業務を進める必
要があるため、1時間に10分の休憩など自分な
りのペースで休憩をとることができませんが、
自分の行動目標については、自分で時間配分が
できるわけですから、ぜひ、以上の理屈を熟知
しておいてください。

この方法は常に集中力を全開で物事に没頭する
といった方法で、優れた作品を発表する人や能
力の高い人などは、やはり自分の集中時間も良
く知っているようで、無意識的にもこのような
方法を取り入れているようです。

多くの人は、時間を一定に区切って決まった時
間を物事に割り当てていきます。

もちろん、計画的に作業を進めるのは良いこと
ですが、計画どおり物事を進めていくことにこ
過剰にこだわりすぎると、かえって能率を悪く
するという事も実際多々あることなのです。

一度自分の行動を振り返り、自分の集中力の持
続時間を計測してみてはどうでしょう。

もしかすると、それがハッキリと解明できた時
あなたの能力は爆発的に開花するかもしれませ
んよ。

以上、ぜひ参考にしてみください。

今日も最後までお読みいただきありがとうござ
います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です