集中力を高めるその他の方法

集中力を高めるその他の方法

集中力を高めるために今まで様々な方法を紹介し
てきました。例えば、睡眠の重要性や目標設定、
計画、食事の選択など。

前回は集中力高めるための意外な方法をお伝えし
ましたが、今回は上記以外のその他の方法もお伝
えしてみたいと思います。

●声を出す

もし、あなたが、今何かを学習しているなら、そ
れを頭の中だけで学習するのではなく、声に出し
てみましょう。

「声に出す」ということは、単に頭の中で学習す
るのとは違って、音声を聞き取る作用の結果、記
憶の定着が頭の中だけで学習した場合に比べて格
段に高くなります。

また、声を出すということは、自分で自分に教え
込むという作用も発生し、学習時に先生と生徒と
いった2つの役割を演じることでも、やはり能率
が飛躍的に高まるのです。

教えるという事は、実は教わることよりも効果が
高いのです。

つまり、教えるということは、学ぶということも
兼ねているので、教えることで学び取る能力も高
まるという事実があります。

これは、ものを教えた経験のある人なら間違いな
く体験していることであり、実は学ぶより教える
ことのほうが学びをはるかに増大させるというこ
とで、教える観点からすれば、教えることこそが
学びであると言えるほど効果を発揮します。

ですから、学ぶときは教える側に立ったつもりで
学ぶことを何度も声に出すよう心がけましょう。

●疲れたら単に休憩するだけでなく散歩をする

休憩の必要性は前回、かなり深く紹介しましたが、
集中力が落ちてきたときは、単に休憩するだけで
はなく、散歩することも考慮しましょう。

集中力が落ちてきたときは、間違いなく体も疲労
しています。

ですから、休憩が必要なのですが、ここで覚えて
おいてほしいのは、単に休憩するのと、外の新鮮
な空気を吸って歩くという事は、血流を活発にす
るため、単に休憩するよりもはるかにリフレッシ
ュ効果が高く、疲れた脳も体も即座に回復させる
という優れた効果があるからです。

これは短距離走を行った時のことを考えれば実に
よくわかることで、血流が上がれば疲労など一気
に吹き飛ぶばかりか、衰えた思考能力も直ちに蘇
ることになります。

なので、疲れてもうどうにもならない時は思い切
って外に出るほうが、単に体を休める以上の効果
を期待できる場合もあるわけです。

●ストレッチを行う

これは上記の散歩の効用と同じです。軽い運動は
血行促進、及び脳内の酸素も供給することになり
やる気を再び引き起こすには最適です。

適切なストレッチ方法に従えば、筋肉疲労も回復
させることができますし、何より長時間同じ体勢
で作業を続ける人にとっては、体に蓄積するスト
レスの解消にも大きく役立ちます。

●照明に気を配る

薄暗い照明は眠気を誘うため、集中力のUPには効
果は期待できません。

特にオレンジ系の証明はリラックス効果を有する
ので注意が必要です。

集中力UPには白色の蛍光灯が一番なのです。特に
光量のつよい白色の蛍光灯は部屋中にエネルギー
が満ちますので、「さあ、これからひと頑張りす
るぞ!」といった時には最も最適です。

ですから、部屋の照明を薄暗いものにしている人
は、白色蛍光灯に変更することでもやる気や集中
力UPの効果が期待できます。

以上、集中力を高めるその他の方法の紹介でした。
ぜひ、参考にしてみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうござい
ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です