集中力を持続させるための食事

集中力を持続させるための食事

今回は集中力を持続させるための食事についてを
紹介してみたいと思います。

食事は生命を維持するためにも必須ですが、摂り
方を間違えると健康を損ないます。

それと同じ食事の摂り方一つで集中力をコントロ
ールすることも可能なのです。

集中力が足りないとお嘆きの方は、実は食事の摂
り方にも原因があるのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、日ごろの食生活を見直し集
中力を持続させる食事の摂取を心掛けましょう。

●集中力を持続させる食習慣

1.食生活は規則正しくを心掛ける

3度の食事は体を作ったり、体力を維持するのと
同じで脳にも栄養を供給しています。

現代人の多くは忙しさにかまけて、朝食を抜いた
り昼食を抜いたりと不規則な食事をしていますが、
朝昼晩と規則正しく食事をとるということは、脳
に栄養を与えるという意味でもとても重要なこと
なのです。

以上の点からも不規則な食習慣の人と規則正しく
食事をしている人とでは、脳の働きに大きな差が
生れます。

何故なら、脳にはブドウ糖が必須だからです。よ
って食事を規則正しく摂るということは集中力を
持続させるためにも必須であるということを自覚
しておきましょう。

2.よく噛んで食べる
昔から食事はよく噛んで食べるということは口う
ルサク言われていますが、これは実は脳にとって
も非常に良いことなのです。

噛むことで脳は活性化しホルモンの分泌を促し、
その結果味覚、嗅覚が鋭敏になり身体の情報経路
も研ぎ澄まされることになります。

また、良く噛むということは栄養素の吸収や消化
がよくなるばかりでなく、脳に必要な栄養分も速
やかに送り届けることが可能になります。

3.たんぱく質は脳を活性化させる
レシチン、DHAといえば、脳に優れた効果を発揮す
ることで知られる成分ですが、これらの成分は、
DHAなら魚に、レシチンなら卵や大豆製品に多く含
まれています。

これらはすべてがたんぱく質ですが、肉、魚、卵、
大豆類といった食品を1日に上手に取り入れること
で今まで以上の頭脳の働きを手に入れることができ
ます。

4.糖質の吸収度合いが低い食品を摂ろう
頭脳が疲労したときは甘いものが良いとよくいわれ
ていますが、吸収率の高いものを摂ると、血糖値が
急上昇と急降下を起こしますので、取り方によって
は却って逆効果になるというのは、案外知られてい
ない事実です。

ですから、同じ甘いものでも糖質の吸収度合いが低
い食品を摂るのが最も妥当な選択です。

例えば、果物ならイチゴジャムよりレーズン、パイ
ナップルよりバナナといったように、糖質の低いも
のを選ぶ必要があります。

これらは、低GI値食品と呼ばれる部類のものになり
ます。一度自分なりに調べてお好みの食品をセレク
トしておけば、非常に役立つはずです。

以上が集中力を持続させる効果のある食事ノウハウ
となります。

是非、参考にしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございま
す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です