暗記力を高める方法

暗記力を高める方法

あなたは暗記は得意ですか?モノを覚えるという
のは億劫なことです。その量が多ければ、億劫さ
は尚のことでしょう。

覚える対象が2~3つであれば、苦にすることも
ないでしょうが、暗記の代表である勉強などは試
験のためでもあるがゆえ、その量もやはり半端で
はありません。人が勉強嫌いになるのも実は暗記
するのが辛いからというのごその真相なのかもし
れませんね。

勉強のコツは理解ではなく、暗記をすることであ
るとまで言われているのは事実です。

優れた暗記力があれば勉強もはかどり優秀な成績
を収めることが可能となります。

では、どうすれば暗記力を強化することができる
のか?

限られた時間で効率よく暗記ができれば、覚えた
いものを自在に覚えていくことができるようにな
ります。

実は暗記にもコツというものがあります。以下に
説明する方法を覚えて、効率よく暗記する力を身
につけてください。

●効率よく暗記をする方法

1.対象を絞り込む
暗記をする時に一番非効率なのは、なんでもかん
でも覚えようとすることです。

テキストなどを眺めていると、「あれもこれも必
要…」という気分になってきますが、その中から
本当に必要なモノを見極め、対象を絞り込むこと
が大事です。

これをするだけで無駄を省いて時間の節約をする
ことが可能となります。

必要なものをピックアップした後は、更に精査し
て不要なものをそぎ落とすようにしましょう。

2.類似した情報やイメージと一緒に暗記する
暗記が苦手だという人は、覚えることはもちろん
ですが、覚えたことを右から左に忘れてしまうと
いう習性があるようです。

そのためには覚えるときにも工夫をすることが必
要となります。

例えば、覚えるべきことをピックアップしたとき
に、そこから類似したこととを関連付ける、また、
覚えるべきことを想起させるイメージを加えると
いうことを行えば覚えやすさは倍増します。

3.図にして視覚的に覚える
地図にはいろんなマークがたくさんちりばめられ
ていますが、その意味を知っている人は、ただ単
にマークを見るだけで、それが何を意味している
かが一目でわかります。

それと同じで覚えることを図式化してしまうので
す。道路標識などに倣って、自分の覚えたいこと
をシンボル化してしまえば、暗記はよりやり安く
なるでしょうし、そこにはゲームのような感覚も
伴うので、楽しく覚えることも可能になります。

以上、ぜひ参考にしてみてください。

次回はその他の暗記方法を紹介したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です