その他の有力な暗記法

その他の有力な暗記法

前回、暗記をするコツを紹介したので、今回は
その他の有力な暗記法をお伝えします。

暗記の方法ってホントにたくさんあるんですよ
ね。けれどもここでは厳選したものをお届けし
ます。

今回お届けするものは、知る人ぞ知るとってお
きの方法です。

また、後述しますが、とっても効果的でもあり、
その出所もしっかりしたノウハウなので参考に
して決して損はないものと思います。

それでは早速紹介してみましょう。

1.ホールド法

これは覚えた直後に20~30秒程度、脱力した状
態になり、その後覚えたことを反芻する方法で
す。

これは脳の記憶に要する作業が実は30秒程度し
か持続しないという原理に基づいた方法でもあ
るんだそうです。

これを何度か繰り返すと記憶の定着が良くなる
そうなので、是非、試してみてください。

2.ステップテクニック
これは文字通り、覚えたものを1つずつ増やす
という方法で、やりかたは、まず1つめを覚え
たら次に2つめを覚えます。

そして、1と2の内容を声に出して反芻します。

次に3つめを覚え、同じように1~3の内容を
同じく声に出して思い出します。

続いて4つめを覚え、1~4の内容を声にだし
て復唱します。

最後に声に出しながら、紙にすべての内容を書
き出して、間違っていないかを確認します。

ざっとこのような流れで覚えていくわけですが、
覚える量があまり多いと、やはりとても覚えき
れるものではないので、ワンステップの作業は
4つ~7つくらいにとどめておくほうが良いで
しょうね。

この方法が優れているのは、その工程を繰り返
すうちに段々と集中力が増してくるという点で
す。

以上のように、こちらの方法もかなり記憶の定
着率が高い方法で、以上の2つは、学年1成績
がビリのギャルが偏差値を40上げて慶応に合格
したということで評判になった方法です。

これは、書籍にまでなった方法なので効果のほ
どもかなりのものだと思いますので、紹介をさ
せていただきました。

暗記の王道は紙に書きながら覚えるというのが
一番オーソドックスな方法ですが、脳科学が発
達した現在ではこのような方法も発見されたり
しているんですね。

科学の発達は次々と新しい手法を生み続けてい
るようです。

という事で、何事も最新情報は知っておいて損
はないでしょう。これら最新のテクニックを是
非、一度試してみてはいかがでしょうか。

次回もその他の暗記テクニックをいくつか紹介
したいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうござ
います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です