その他の有力な暗記法2

その他の有力な暗記法2

前回は最新の脳科学に基づいた暗記テクニックを
お伝えしました。

今回はスタンダードですが、かなり効果の高い方
法を紹介したいと思います。

今回お伝えする方法は、誰もが知っている方法で
すが、その詳細部分についてのテクニックは意外
と知られていない物をお届けします。

きっと、「なるほど、そうか…」と思っていただ
けるテクニックであると思いますので、ぜひ、こ
ちらも参考にしてくださいね。

それでは、お届けいたします。

1.覚えられないものをリストアップする

例えば、覚えたいものが100個あったとします。そ
れらを自分の一番覚えやすい方法でとりあえず覚
えていきます。

それを何度か繰り返すと、どうしても覚えられな
いものが残ってきますね。

それをリスト化するのです。その場合、どの時点
でリストにするのかという問題がおきますが、そ
れは覚えられなかったものを吟味すれば、事足り
ると思うので、リスト化する時期よりも何をリス
トに入れるのかで解決してしまいましょう。

以上の要領で覚えられないものがリスト化できた
なら、これを集中的に覚えます。

ただこれだけなら、誰もが実践する方法でしょう。
しかし、ここから一ひねりを入れるのです。

それは、その覚えられなかったものを覚える時に
時間制限を加えるのです。

なぜか?

覚えられなかったものは、自分にとって何らかの
覚えにくいという障害があるために覚えられなか
ったものともいえるからです。

なので、時間的な制限を与えても覚えきれなかっ
たなら、その次も脳はだらだらといつまでも覚
えられなかった時と同じ働きで暗記の作業を行う
ため、やはり覚えにくいままになってしまうから
です。

ですから、時間を決めてその制限時間の中で覚え
きるという必要が生じるのです。

実際にやってみるとわかりますが、この方法は非
常に有効です。

覚えにくいものはよく似たものと混同したりして
脳が混乱をきたすので、覚えにくくなってしまう
といったケースが多いようです。

ですから、短い時間に集中して意識的に暗記する
ように努めれば、かなりの効果を発揮します。

人の集中力は3分間くらいが限度という説もある
ので、3分くらいを上限に思いっきり集中して覚
えらなかったものを覚えるようにしましょう。

覚えられないものをリスト化はしてても、以上の
ように覚えられない物を短時間集中して覚えると
いう方法を知る人はあまりいないでしょう。

多くの人は覚えられないものをリスト化しても、
短時間集中するという方法を知らないために覚え
られないものについては、いつまでも苦戦し続け
るものなのです。

2.暗記したものは朝に反復学習する

記憶や暗記というものは時間とともにどんどん忘
れていきます。

これは以前話した脳の記憶領域である海馬にその
原因があるのです。海馬に保存された記憶は、当
人に必要なモノか不要なものなのかを取捨選択し
て不要だと判断すれば、どんどん忘却するように
ないっているのです。

ですから、長く覚えておきたいことは、長期記憶
できる前頭葉、側頭葉に保存する必要があるわけ
ですが、これを可能にするのが、少し時間をおい
てから反復して思い出すという作業になるわけで
す。

これを繰り返せば、記憶に定着させたい事柄はし
っかり脳に保存されるようになります。

詰め込みの連続よりもある程度の時間をおいて繰
り返すのがポイントであり、より効果のある方法
でもあるわけです。

これが前頭葉、側頭葉に情報を刻み付ける方法な
のです。

以上、基本的でありながらも、誰もが知っている
ようで、実は知らない超強力な暗記のテクニック
でした。

ぜひ、今回お伝えしたことを意識的に実行してみ
てください。きっと今までとは見違える効果を実
感していただけると思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうござい
ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です