左脳と右脳それぞれの記憶の違いについて

左脳と右脳それぞれの記憶の違いについて

前回「記憶を形成するプロセスとメカニズム」について
を紹介しました。

今回は、左脳と右脳について、それぞれどのような違い
があるのかを見ていきたいと思います。

脳については今では左脳、右脳というようにそれぞれが
実は別々な働きをしていることは良くしられたことです。

この左右脳の働きが発見されるに至ったプロセスの大元
は実は誰あろう、あのレオナルド・ダ・ヴィンチだそう
です。

左右の大脳半球に視神経が交差して入るという事をレオ
ナルド・ダ・ヴィンチは当時すでに発見していたそうで、
その発見をベースにロジャー・スペリーとその弟子であ
るマイケル・S・ガザニガが左右脳の差を研究し現在の
理論を完成させました。

尚、ロジャー・スペリーはこの分離脳研究で1981年にノ
ーベル賞を受賞しています。

日本では、右脳ブームというものが一頃ありましたが、
その発端は彼らの研究成果によるものだということが
この時系列からくみ取れるでしょう。

左脳と右脳ではそれぞれ役割が違います。そして、それ
は記憶についても同じなのです。

それぞれの役割については、左脳は言語を、右脳はイメ
ージを司っているということが有名でですね。

よって、記憶については、左脳はイメージを不得手とし
ているため、その記憶は文字など少量の情報に限られて
しまいます。

一方右脳はイメージによる記憶が行えるため、大量かつ
莫大にしかも深い記憶ができるのです。

この事実から言えることは、左脳は暗記的な記憶であり、
右脳は生涯にわたる記憶が行えるということで、暗記の
項目でもお伝えしましたが、両者の違いは短期記憶と長
期記憶にピタリと当てはまることがわかります。

ですから、記憶といった観点からは、やはり右脳を使っ
た記憶こそが記憶そのものだとも言えるわけです。

では、どうすれば右脳を使った記憶ができるようになる
のか?

意識的に左右脳を使い分けることなど出来るのか?とい
ったことが問題になってくるわけですが、実はこれがど
うやら出来るようなのです。

簡単に言ってしまえば、情報を左脳で記憶できない状態
にしてしまえば、いやでも右脳がその情報を記憶しよう
とするということなのです。

例えば、一例としては速聴というものがありますが、こ
れは通常では聞き取れない速さで音声を聞くという事で
すが、この状態がまさに左脳では処理できない情報を頭
に詰め込もうとしている状態であるそうです。

それと同じで視覚を頼りに行うフォトリーディングとい
うものも、上記の速聴とまったく同じ原理に基づいたも
のだということがわかるでしょう。

こうして考えると、速聴や速読といったものは、実は理
にかなった方法だと言えるのかもしれません。

但し、両方とも独学で身につけるのは難しいと言わざる
を得ないでしょう。速聴については専門のマシンがあり
ますし、速読についてはそれ専門の専門機関が存在して
いるほどです。

独力で身につけるには、かなりハードな訓練が必要でし
ょう。

しかし、日常的に生活していても右脳を使った記憶は誰
でも行っているのは事実ですので、これらに代わる方法
がなにか必ずあるはずです。

次回は、その辺りのことも考慮して右脳による記憶につ
いてを紹介してみたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です