厳選記憶術

厳選記憶術

今回は記憶の方法や記憶UPの方法などではなく、記憶術
と呼ばれるものを紹介いたします。

これは些細なものまで含めると結構広範囲になるのでは
ないかと思われますので、厳選したものをお届けしたい
と思います。

では、早速見ていきましょう。

1.ペグ法
ペグ法とは、ペグ=懸け釘、つまりちょっとした小物や
衣類、帽子などを掛け釘にかけるように記憶に留めると
いう意味でつけられた名称のようです。

これはイメージ記憶の一種であり、リストなど順番表記
されたものを覚えるのに適しています。

体の部位、例えば頭を1として、以下額、目、鼻、口な
どをそれぞれ、2、3、4、5と番号を決めておき、覚
えたいことを体の部位を使ってイメージ記憶するという
方法です。

例えば、パソコンという単語を1番と結びつけるなら、
1番は頭を表しているので、頭の中の脳の部分をPCと置
き換えて高速計算しているようなイメージを思い描くな
ど自分なりに覚えやすい映像を記憶するという方法です。

こうすれば、1番の頭を思い浮かべた時、PCのイメージ
が引き出されるという寸法です。

2.スヌーズ法
朝の起床時に「もう少し」、「もうちょっと」「これが
最後…」などと起きるのを後伸ばしにしたことがあると
思いますが、目覚まし時計にはこれを自動的に設定する
機能がありますが、それをスヌーズと呼びます。

これを記憶に利用したのがスヌーズ法なのですが、やり
方は覚えたいことを声に出して読み上げたあと、15秒ほ
どの間隔をおいてから、再度読み上げるということの繰
り返しを実行します。

これを数分間実行すると、ただ単に暗唱記憶するよりも
より強力に記憶に定着させることが出来るのです。

ただし、間隔を上げすぎると効果が薄れてしまうので注
意が必要です。

ポイントは15秒の空白時間にあります。

3.ロキ法
これはペグ法を場所に置き換えたもので、ペグ法が体の
部位を使ったのとは別で、こちらの方法では場所に順番
を振って記憶をしていきます。

やり方も若干違っていて、記憶の対象をそれぞれ部屋に
並べて、その部屋の中を歩き回りながら覚えていくとい
う方法になります。

つまり、部屋の中のイメージと言葉を結びつけて覚えて
いくのです。

例えば、Aという部屋に設置されているテレビと覚える
べきことをペグ法で関連付けたように記憶していくの
です。

このイメージ付けがうまく出来れば、部屋をイメージし
てその中の様子を見れば、関連付けしたことを思い出せ
るという原理です。

4.チャンキング法
人が一度に覚えられるのは、異なる4~7個のものとい
割れているそうですが、チャンキング法を使えば、この
限界値を超えることが出来ると言います。

それもそのはずで、この方法は覚えたい事柄をグループ
化してしまうから、その限界値を覆せるのです。

例えば、レタス、キュウリ、ニンニク、トマト、メロン、
オレンジというものを覚える必要がある場合は、語呂合
わせの要領でオレキュウニクトメなど、頭文字や文末文
字、中抜き文字などの工夫を施してグループにしてしま
うのです。

これは数が多くなっても、自分なりの法則を完成させて
しまえば、かなり多くのものでも平然と覚えることが可
能となります。

実際、この方法を使って7桁の数字までしか覚えられな
かった人が80桁の数字まで覚えられるようになったとい
う実例があります。

コツは言葉を短くまとめる方法を自分なりに編み出すこ
とにあると言えるでしょう。

以上、記憶術によるテクニックでした。

自分に相性の良いものを見つけて、どれか一つを極めて
みれば記憶力工場の強力な武器になるはずです。

ぜひ、参考にしてみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です