フォトリーディング

フォトリーディング

前回は厳選した記憶術を紹介しました。

記憶術の項目の中でもフォトリーディングについて何度か
紹介をしましたが、今回はそのフォトリーディングを更に
掘り下げて紹介してみたいと思います。

フォトリーディングについては、既にご承知かと思います
が、知らない人もいるかと思いますので、今
回はその概要をご説明したいと思います。

フォトリーディングとは、1985年にポール・R・シーリィ
によって生み出された読書方法です。

いわゆる速読とは全く違った方法で、まるでページを写
真に収めるかのように書かれた内容を理解する技術です。

これを可能にするため、フォトリーディングでは、次の
ステップで作業を進めます。

「準備」→「予習」→「フォトリーディング」→「復習」
→「活性化」

以上5つのステップで実践するわけですが、ご覧のとおり、
3つ目のステップこそが俗に言われるフォトリーディング
であり、ここであたかも本の内容を写真に写し取るかのよ
うな作業を行うわけです。

では、各ステップの詳細をみていきましょう。

まず、「準備」で本を読む目的を明確にします。

次に「予習」で本の全体を把握します。これはタイトル、
目次などを活用します。

そしていよいよ「フォトリーディング」です。ここでは、
本を高速で捲って、その書かれた内容をイメージ的な情報と
して脳に刻み付けていきます。

その次の「復習」では本を再度調査します。ここでの作業は
要点理解とキーワードの選定、そして目的に叶った質問を作
っていきます。

ステップ5の最後の「活性化」では、ある程度の時間を置い
てから質問を再確認します。そして、本を再度通読し目につ
いた所から自分にとって最も必要と思われる情報を見つけて
行きます。

以上が、フォトリーディングの全体像になります。

この流れからも理解できるとおり、フォトリーディングとは
何かと言えば、それは、事前に本から得ることを明確にして
どんな情報を得るのかを決めるということであり、そして、
その得たい情報をいかに素早く本文から拾い上げるかという
ことなのです。

ですから、この理屈理論を知らずして、あたかも写真を撮る
かのように脳に記憶を刻み付けるという部分だけがクローズ
アップされていることからも、「そんなことが出来るはずが
ない!」という批判をする人も多々いるというのが現実です。

しかし、読んでお分かりの通り、れっきとした理屈理論に基
づいた手法であり、上記の内容を知ったうえでしっかり学習
すれば、書かれた通り本の中身から必要箇所だけを素早く理
解することが可能となるのです。

しかし、現実にはやはり独学では身に着けにくいというのが
多くの人に共通している事実であるため、専門の機関が全国
に多数用意されているのが現状です。

フォトリーディングを実際に身に着けようと思えば上記の5
ステップをしっかりとマスター する必要があるのはいうまで
もないことですが、逆にこれをきっちり出来るようになれば
この常識を覆すテクニックを自分のものにすることも可能と
なります。

ぜひ、実践方法の理屈理論をしっかり押さえてマスターして
みてはいかがでしょうか。

大いなる未来への可能性が開けるものと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です