Category Archives: 瞑想

瞑想の最終到着点「チャクラ」の開発

瞑想の最終到着点「チャクラ」の開発

瞑想を語る時に決まって取り上げられるチャクラ。

よく「チャクラを開く」などと言いますが、この
チャクラとは一体なんなのでしょうか?

チャクラとは、サンスクリットで円、円盤、或いは
車輪、轆轤等を意味する言葉であると言います。

しかし、もっとわかりやすい言葉で説明するなら、
それは、人体に流れる「気のスポット」ということ
です。

しかるにスポットという言葉からもわかる通り複数
存在しています。

チャクラの数については、諸説色々ありますが一般
的には大きく分けて重要なものは7つということで
大方一致はしているようです。

では、それぞれのチャクラにはどのような特徴があ
るのか、それぞれのチャクラを活性化すればどのよ
うな部分が発達し、どのような効果があるのかを見
ていきましょう。

・第7チャクラ サハスラーラ 部位/百会(頭頂)

 対応器官/脳
 霊性、直観、宇宙意識
 自己超越、超能力や超感覚、宇宙や神との一体感。
 色は紫
 
・第6チャクラ アジーナ 部位/眉間の少し上

 対応器官/目、神経系、直感、感覚、知恵
 「第三の目」の発達。鋭敏な感覚や知性、精神の
 成熟。
 色は藍

・第5チャクラ ヴィシュダ 部位/喉仏の下
 対応器官/咽、甲状腺、副甲状腺、気管支
 意思、知識、創造性、自己表現、判断力。
 色は青

・第4チャクラ アナハタ 部位/両乳首の間
 対応器官/心臓、肺、循環器
 喜怒哀楽の感情、信頼、慈愛、希望。
 色は緑

・第3チャクラ マニプラ 部位/みぞおちとヘソの間
 対応器官/胃、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、消化器
 理性、個性、自我、不安、自信。
 色は黄

・第2チャクラ スヴァディシュターナ 部位/丹田(ヘソ下約10cm)
 対応器官/生殖器、膀胱 
 感受性、情緒のバランス、物欲、性。
 色はオレンジ

・第1チャクラ ムーラダーラ 部位/会陰(生殖器と肛門の間)
 対応器官/腎臓、副腎、腸、骨格
 生命力、パワー、情熱。
 色は赤

以上のとおりです。

瞑想によって、それぞれのチャクラを開発することが
可能となれば、上記で説明した部分の力が格段に発達
するため、常人離れした能力を身につけることも可能
となるようです。

人には人それぞれの特技がありますが、それはある一
面、各人それぞれのチャクラの発達の度合いが影響を
与えているというるケースも少なからずあるのでしょ
う。

その他にもチャクラが活性化すれば、

・心身のバランスがとれるため、より健康になる

・心が穏やかになるため、ストレスなども軽減される

・霊性や超感覚が研ぎ澄まされる

・ヒラメキ、想像力が豊かになり脳も活性化される

といった効果効能があります。

世の中に偉業を残した偉人や天才などは、各人それぞ
れがそれぞれのチャクラを開発していたのかもしれま
せんね。

チャクラを活性化するということは、それくらい偉大
な力を発揮できる能力を手に入れることだということ
にもなるのでしょう。

まだ瞑想を実行していない人は、以上を参考に取りく
んでみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

瞑想時の脳波

瞑想時の脳波

今回は瞑想時の脳波についてを考え見たいと
思います。

人間の脳波大きく分けると次の4つに分類さ
れます。

・ベータ波

・アルファ波

・シータ波

・デルタ波

それぞれの脳波には次の特徴があります。

・ベータ波
忙しく思考している時や、緊張状態など、
日常的な状態で、完全に目覚めている状態。

・アルファ波
物事に集中している時。面白い本を読んで
いる時や、映画などを見ている時。
また、入浴など非常にリラックスるしてい
る時。

・シータ波
寝入りばなのうつらうつらしている時。
深い瞑想状態に入っている時

・デルタ波
眠っている時など、完全な無意識状態

以上です。

さて、これをみてわかると思いますが、瞑
想時には、一般的にアルファ波が出ると言
われています。

上に書いた通り、面白い本や映画などには
人は夢中になりますが、まさにあの状態で
す。

また、このような状態のときは体も非常に
リラックスしています。

このような状態は脳の活動も冴え渡り直感
力なども平常時などは比べ物にならないく
らいに高くなっているとも言われています。

スポーツなどの世界でも一流と呼ばれる人
は皆決まって集中力が高いと言われていま
すが、この脳波の結果をみれば非常に納得
できることですよね。

そして、更に注目をしてもらいたいのは次
のシータ波です。

これは、アルファ波よりも更に集中状態が
高い状態なのですが、このレベルになると
常識では説明のつかない事が起きるように
なります。

有名なところでは、世界の偉業や発明、
発見なども、その多くはそれを見つけた
人の脳波が、このシータ波の状態であった
と言われています。

また、将棋の世界などにおいても達人レベ
ルになると、その思考中にはシータ波が発
生することが確認されています。

従って、脳波がこういったアルファ波やシ
ータ波といった集中状態にある時は、人は
無意識領域にアクセスしているといえるわ
けです。

この事実は天才と凡人の違いを端的に示す
非常に良い例だと言えるでしょう。

よって、こういった状態を作り出すことが
できるようになれば、無限の宝庫と言われ
る無意識の力を引き出せるようにもなるの
です。

瞑想が常人離れした力を発現させるという
ことが嘘ではないことがここからもお分か
りいただけたのではないでしょうか。

以上のとおり、瞑想にはやはり無限の力が
あるようですね。

瞑想をマスターすれば脳波も思いのままに
操れるようになるのではないでしょうか。

もし、そうなれば人生も大きく変わるで
しょうね。

そのためには、やはり毎日継続するという
ことが一番の重要課題ですね。

今日も最後までお読みいただきありがとう
ございます。

深い瞑想に入るには?

深い瞑想に入るには?

昨日は瞑想を実践するコツをお伝えしましたが、
今日は、深い瞑想に入るコツを紹介します。

当然ですが、瞑想は深くなればなるほど効果が
高くなります。

瞑想が一段と深まれば、直感が冴えわたり意識
することもなく最適な取捨選択ができるように
なります。

ただこれだけでも人生は大きく開けてきます。
世界中の成功者は選択、判断の達人です。彼ら
の偉業は正しい判断、そして正しい選択の上に
成り立っています。

そして、その事実は偉業を遂げた人に限らず人
生を思うがままに歩んでいる人を見れば、彼ら
もまた、正しい判断、正しい選択の上で人生を
生きていることが感じ取れるはずです。

深い瞑想に入ることができるようになれば、以
上のような力を発揮できるようになります。

また、見えない物が見えたり、感じ取れないも
のを感じる能力も研ぎ澄まされてきます。

では、深い瞑想に入るにはどうすればいいのか

それは、あまり力まないということが肝心です。

前回、瞑想を実践するコツとして、視覚(ロウ
ソク)、聴覚(マントラ)、呼吸の3つに意識
を集中することをお伝えしました。

初心者の段階は、これらのうちのどれか一つを
対象として瞑想を実行する場合、当然、自分が
選択した方法に意識を合わせることは必須です
が、ただ、これにこだわりすぎると却ってそれ
がまた雑念の元になります。

ですから、呼吸でも聴覚でも実践時は軽い気持
ちから入って、決して気負わないよう数分間た
だ繰り返すことだけに集中しましょう。

またロウソクを見つめる方法なら、ただじっと
見つめて、なにかが脳裏にうかんできたなら、
ただそれを眺めるだけにとどめて決してその見
えていることについてを考えたりはしないこと
です。

簡単に言えば、どんな方法で実践している時で
も絶対に力んだりせずに、傍観者」のような気
分になることが深い瞑想に入るには一番の方法
だと言えます。

そのためには、湧き上がる雑念について、

1.考えない
2.かまわない
3.意見、評価などをしない

以上の姿勢が重要になります。

瞑想に雑念はつきものです。前回もお伝えした
とおり、瞑想にとって一番の敵は、この雑念で
す。

そして、雑念は瞑想の敵と言う通り、瞑想に入
ればどんな人の頭や胸中にも湧き上がってくる
ものです。

ですから、この雑念とどう付き合うかが重要に
なってきます。

そして、ここで一番注意をしてほしいのは、初
心者の間は雑念は振り払うものではないという
認識を持つということです。

なぜなら、瞑想初期の段階で雑念を振り払うこ
となどは不可能だからです。

ですから、上記したように雑念を「傍観する」
というスタンスが重要になってきます。

なぜなら、雑念とていつまでも湧き上がってく
るものではないからです。

実際に試してみれば、疲れるくらい瞑想をすれ
ば、雑念のほうもいつしか静まってどこかに消
えていってしまうからです。

ですから、その状態をいかに早く導くことがで
きるようになるか?

それが瞑想上達のコツであり、より深い瞑想に
入るために必要なことでもあるわけです。

ですから、気負わず、力まず、そして湧き上が
る雑念を眺めるがの如く見つめられるようにな
れば、かなりの短期間で深い瞑想状態に入れる
ようになるでしょう。

そして、そのためにはできるだけ毎日欠かさず
に瞑想を実践することです。

何事も繰り返し練習することが上達への早道で
すが、瞑想もまさにそうなのです。

湧き上がる雑念に対して傍観者の達人になりま
しょう。そして、そうなるためのコツは気負わ
ず、力まず、リラックするということです。

平常時以上に休まった気分で瞑想を実践するよ
う心掛けましょう。

必ず、良い結果をものにできるようになるでし
ょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうござ
います。