Category Archives: 運気UP

運気UPに関連した記事を紹介しています。

断捨離によって得られる7つの効果

こんにちは、今日ご訪問ありがとうございます。

きょうは「断捨離によって得られる7つの効果」をご紹介いたします。

断捨離は実践することによって、身辺のあらゆることが整理されて片付いて行きます。

そして「入ってくるものを断つ」がゆえに、新しく不要なものを買うことがなくなるので部屋が散らからなくなってゆきます。これは、片付け術や整理法とは違う断捨離特有のメリットのひとつです。

では、断捨離には、他にはどのような効果やメリットがあるのでしょうか?

断捨離の効果

実際に実践してみると思いがけない効果も実感すると思いますが、ここでは一般的にいわれている断捨離の7つの効果をあげてみます。

・部屋が片付く

断捨離と掃除の違い、それは「片付け」を学ぶのではなくて「片付けが出来ない原
因や散らかさずに済む思考法」を身につけるという点です。

不用品を捨てて整理ができるのですから、部屋も当然綺麗になります。

また、新しい物さえ断つために、物に対して執着するということからも離れるのですから、一度片付いた部屋は以後、散らかることもなくなります。

・仕事の能率が上がる

考え方を整理し環境も良くなるために、仕事の能率も格段に上がります。

断捨離の思考法は、不要な物を捨てるだけではなく、不要な考え方も捨てるのです。ですから、必要な物だけを買い、必要な考え、必要な知識だけを取り入れる。

従って、自分の身の回りも整理整頓され能率が上がりることになります。

・前向きになる

断捨離すると、無駄を省き必要なものだけを買うようになります。

よって、断捨離をするということは、自分の好きなモノや興味のあることだけが周りに増えていくという結果を招くため、気持ちも前向きになり、幸福感も人一倍感じられるようになります。

・人間関係が良くなる

断捨離は、自分の人間関係を見つめなおしたり、整理するのにも役立ちます。それはつまり、自分にとって大切な人と、そうでない人の判断をするちいうことで、ひいては、その判断作業により、今以上に良好な関係性が保てるようになります。

自分にとって大切な人に対しては、より良い関係を、また、とあまり大切でなはいなと思う人とは、接する機会を減らしていくことにもなるがゆえ、一歩身を引いた付き合いも可能となり、質の高い人間関係が築けることになります。

お金が貯まる

断捨離を実践すれば「ムダ買い」が圧倒的に減ります。

必要最小限のものだけを買い求めるようになるので、結果的にお金が貯まりやすくなっていきます。

また、買い物だけに留まらず、無駄を減らす習性が身に付きますので、節約も自然とできるようになるのです。

自由な時間が増える

断捨離すると部屋が片付くので仕事の能率はもちろん、あらゆることの能率が大幅に良くなります。

ものごとの能率が上がれば、何事も速やかに片づけられるようになるため、時間的な余裕も生まれることになります。

健康になる

断捨離は掃除と同じで部屋が格段に片付きます。綺麗で清潔な部屋は精神面も含めて健康維持にも大変な効果を発揮します。

また、その他にも以上みてきたように、人間関係、金銭面、自由な時間が増えるなどの効果により、ストレスも相当軽減されるため、人にとっての寿命にも良い効果をもたらします。

その結果、健康や長生きにもつながるといえるでしょう。

こうやって断捨離の効果を一つ一つつぶさに見ていくと、良いことづくめな感じがしますね。

掃除と断捨離が違うのは、断捨離には行うに当たって計画的な一面があるということでしょう。

なので、中には「物を捨てすぎてしまった」などというデメリットや失敗例も付いて回るのは確かです。

しかし、相対的に見ても、失うものよりも得られるもののほうが圧倒的に多いと言えるのではないでしょうか。

部屋にモノが溢れかえっている人は一度断捨離を検討してみてはいかがでしょうか。これをきっかけに何かが大きく変わるかもしれませんよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

犯罪現場と掃除の関係

こんにちは、今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、 犯罪現場と掃除の関係についてを取り上げてみたいと思います。

これは、とある人から聞いた話なのですが、トイレと犯罪現場に関する非常に
興味深い話です。

もろに掃除と関係している話です。

警察官や刑事の方は犯罪現場で共通して漏らす言葉というのがあるそうです。

それは、「犯行の起きる現場というのはどこも、みなそろってトイレと流し台、そして洗面台が異様に汚れている」というのです。

また、それが偶然ではないことを裏付けるように、次のようなこともみなさん揃って呟かれるのだと言います。

「今まで我々が見てきた犯罪現場で、この3つが綺麗だった所はほとんどない。」

ちょっと、「ゾッ」としてしまいますね。

これはどういうことなのでしょうか?

お金持ちでも貧乏でも関係なく、トイレの汚れている家と綺麗な家は存在しますよね。

警察の方の発言を裏返すと、これは間違いなく「トイレが綺麗な家では犯罪が起こりにくい」ということになりそうです。

これは誰しもが思いつくように、掃除をすることにより「心も綺麗」になっているからというのがその答えだと言えるのではないでしょうか。

家の汚れは心の状態を映し出す鏡という話もあります。

それが最も顕著に現れるところがトイレと言えるのかもしれません。

卵が先かニワトリが先か、ではありませんが「綺麗な心だとトイレを綺麗にでき
る」だけでなく

「トイレを綺麗にしていると心が綺麗になる」という作用もありそうです。

ここまで、紹介してきたように「心が綺麗」であれば「お金に好かれる」という事実もあります。

以上のことからも掃除と金運が密接に結びついているのは確かなことのよようです。

そして、今回取り上げたように、やはり部屋の汚い人はその汚れそのままに心も乱れていて、犯罪の被害にも巻き込まれる要素を持ち合わせてしまっているのではないでしょうか。

警察官や刑事の方々の発言は、それを見事に物語っています。

そうすると、部屋の片づけが出来ず、また、心も荒んでいるひとなどは、一層掃除を積極的に行って、部屋の汚れだけでなく、心の汚れや乱れを整える必要があると言えるのではないでしょうか。

ここまでお伝えしてきたように、掃除には精神面についても計り知れないプラス要素が内包しているのです。

ゆえに、今回紹介したようなケースにおいては、その人の心はやはり消極的かつネガティブな傾向があることは間違いのない事実だと思うのです。

ですから、そのような人こそ今回の記事を参考にして現状の精神面を打破するためにも掃除に真剣に取り組んでみて頂きたいと思う次第です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

掃除と同等の効果がある断捨離とは?

こんにちは、今日もご訪問ありがとうございます。

今日は、掃除と同等の効果がある「断捨離」をテーマに紹介してみたいと思います。

断捨離はここ数年、ずっとブームになっています。その人気は今や相当のような気もしますが、断捨離も掃除と同じで間違いなく人生に自己変革を起こす力が内包されているようです。

ということで、掃除に関連もしているということで取り上げてみたいと思います。

日本の伝統には「物を捨てるのはもったいない」という一つの観念があり、それはそれで立派な考え方なのですが、この「もったいない」が行き過ぎてしまうと、物が捨てられなくなり、部屋の中が物で溢れる状態になってしまいます。

解説によると断捨離というのは、こうした「もったいない」という固定観念や思い込みに取りつかれてしまった心を、ヨガの行法を駆使して解きほぐし、自らが作り出してしまった物心の重荷から自分自身を解放して快適な生活と人生を取り戻す方法である定義付けられています。

しかるに断捨離とは、「ただ単に物を捨てる」、ということではないのです。

巷で言われる「片づけノウハウ」や「整理整頓術」とは違い、ヨガの「断行」・「捨行(しゃぎょう)」・「離行(りぎょう)」という考えから応用したものと言われ、

今現在の自分にとって必要ではないと考えられる物などは捨てて、絶ち、尚且つ執着することからも離脱する、という事を示した整理ノウハウなのです。

具体的に言うと、

断行:勝手も不要になるようなものを断つ(買わない)
捨行:今手元にある必要のないものを捨てる
離行:物に執着することから離れる(物欲をなくす)
  

以上の3つを整理術として実践することで、自分にとって真に必要なものだけを持つというシンプルな暮らしをいいます

では、断捨離には一体、どのような効果があるのか。それを見てみましょう。

【断捨離による7つの効果】

・部屋が片付く

・仕事の能率があがる

・前向きになる(幸せになる)

・人間関係が良くなる

・お金が貯まる

・自由な時間が増える

掃除と非常に似ていますね。

断捨離と掃除は別ですが、その本質は掃除と同じものだと言えるでしょう。

掃除については、前回まで数度に渡って紹介をしてきたので、良くご存知の事と思います。(まだ見ていない人は、ぜひ、過去記事をご覧ください)

掃除にあれだけの効果があるのですから、ヨガの行法を応用したと言われる断捨離ならば、上記に掲げた事柄については掃除にも引けを取らないプラスの効果が期待できるはずです。

ということで、次回は断捨離の効果について、更に詳しく掘り下げてみたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。